有料老人ホームの種類と特徴

by author



高齢化が進む現代社会で老人ホームの需要も増加しています。

老人ホームの中でもいくつか種類があり、それぞれの特徴を理解し生活の場として選択する必要があります。



ではどのような種類があるのでしょうか。

有料老人ホームには大きく分けて3つの種類があります。
介護付き有料老人ホーム、住宅型有料老人ホーム、健康型有料老人ホームの3つです。
まず介護付きですが、老人ホームの中でも最も多く一般的な老人ホームです。
名称通り介護を提供してくれる場所であり、食事や入浴、掃除、洗濯、健康管理など日常生活の介護を24時間体制でサポートしてくれます。

介護度により要支援・要介護の方を対象とする「介護専用型」と介護認定を受けていなくても入居できる「混合型」、外部事業者による介護を受ける「外部サービス型」に分類されています。

次に住宅型ですが、基本的には自立している人を対象としていますが訪問介護など外部の介護事業者により入浴や食事の介助などを受けることができ、介護付き有料老人ホームよりも軽度の要介護者も対象となります。

有料老人ホームのお役立ちコンテンツ満載です。

最後に健康型は介護を必要としない自立している方または要支援の方が対象となります。

産経ニュースの情報といえばココです。

食事や洗濯など生活支援のサービスはありますが、基本的には入居者本人が身の回りのことを行います。介護が必要となった場合や日常的に医療的ケアが必要となった場合には退去しなくてはなりません。

このように健康状態や介護の必要度により違いがあるため、特徴を理解しニーズに合った老人ホームを選択することが重要です。