有料老人ホームでのケアプランについて

by author



超高齢化社会に向かう日本では、高齢者の数は年々増加傾向にあります。介護が必要な状態になったり、有料老人ホームや特別養護老人ホームなどの施設に入居を希望される場合には、要介護認定の申請が必要になります。


認定審査の結果で介護保険被保険者証が発行されて、ケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員がケアプランを作成します。

ケアプランとは介護サービス計画のことで、要介護認定をした本人や家族の希望に添って介護サービスが利用できるようにと、本人の心身の状況や生活環境などに配慮して、内容を決めていきます。

1人1人に合ったAmeba Newsの人気が上昇しています。

ケアプランは、常に利用者に適切なサービスが出来るように定期的に変更していくので、有料老人ホームなどの施設では、このケアプランに沿ったら介護が必要になります。

具体的な内容としては、例えば食事に関しては自立して摂取しているが、服薬は介助することが必要だとか、オブラートに包んで飲みたいという本人の希望などが書かれています。

有料老人ホームに関するお役立ち情報サイトです。

排泄はトイレで可能だが麻痺がある為に介助が必要だとか、室内で転倒が多いので歩行訓練や室内の環境調整が必要だということも書かれます。



本人の好きなことやしたいことなども、ケアプランには細かく記載されるので、これを見ればその入居者のことがわかるようになっています。
全てにおいて、ニーズと短期と長期の支援目標を掲げて、支援を行っていきます。


有料老人ホームではこうしたケアプランがあることで、入居者にも快適な生活を送ってもらうことが出来ますし、介護士や看護師のスタッフ全員で、支援方法を理解して統一した支援をすることが出来ます。